どうも、こんにちは。

 転職の際に必ずと言っていいほど強要(笑)されること。それは自己PRですww

◎志望動機・自己PR:ここが一番チェックされるポイントです。
面接時に質問される点でもあるので、なぜそこで働きたいのか、今までの経験をどう活かしていきたいのかまで記入すると非常に印象が良くなります。
「空欄」や「特に無し」はやめましょう。

お役立ちコンテンツ 履歴書の書き方 | スマイルSUPPORT介護

今までの経験をどう活かしていくか?とあれこれ考えるわけですが、自分は何かこれまでの仕事で何か成し遂げたかというと正直ビミョーなのです(笑)

ましてや全く違う業界の会社を受けるとなれば、今までの資格やスキルは役立たないパターンが多いですよね。

こういった場合に限らず、面接や履歴書の内容全般に言えることなのですが、ネガティブな言い回しをせずに、ポジティブな言葉に置き換えることが重要かと思います。

もし、その会社で働くことになった時。前職で活かせるスキルが無かった場合は、仕事を手とり足とり教えてもらうこともあるでしょう。

 

そんな時には、教えてもらうのではなく、自ら学ぼうとする姿勢を見せることが重要かと思います。先輩の仕事を見て積極的に盗めるような、分からないことをしっかり聞いて一度聞いたら覚えておく。二度同じことを言わせないという心意気と熱意をぶつけていくのが良いのではと思います。

 

もし未経験の職種だったとしても、中途採用者に臨むのは即戦力。新卒者に負けない要素があるとすれば、それは社会人としてのマナーや知識です。それはどこの会社に行ってもほぼ必要とされるものですので、面接ではそんな社会人としての態度を見せられると良いのではないでしょうか?